世界のバーで人気のジンカクテル・ランキングTOP10

世界のバーで人気のジンカクテル・ランキングTOP10

4大スピリッツの一角であるジンは、マティーニなどのクラシックカクテルに用いられるなど、カクテルベースとしてとてもポピュラー。そこで今回の記事では、「世界のトップバーではどのようなジンカクテルが人気なのか?」をランキング形式でご紹介!TOP10にランクインするカクテルに迫ります!

なお今回のデータは、英国の酒類専門誌Drinks Internationalが世界のトップバー127店舗から集計したのカクテルの売上ランキング「The World’s Best-Selling Classic Cocktails 2019」を元にしています。

10〜6位

10位: ハンキー・パンキー
9位: ホワイトレディ
8位: フレンチ75
7位: アヴィエーション
6位: ギムレット

5位. クローバークラブ

クローバークラブ

アメリカ生まれの「クローバークラブ」は、禁酒法より前に誕生していた100年に及ぶ歴史を持つクラシックカクテル。ジンの他、ラズベリーシロップ、卵白などを用いる色鮮やかなカクテルで、近年再び脚光を浴びています。

4位. ジン・フィズ

ジン・フィズ

長らく定番のジンカクテルとして君臨する「ジン・フィズ」。
ジンの他、レモンジュースやソーダを用いるカクテルで、アルコール度数が低めのロングカクテルであることや、その爽やかな味わいは日本人にもマッチします。

3位. コープス・リバイバー

コープス・リバイバー

“死者が蘇ること(迎え酒)”と名付けられた「コープス・リバイバー」。
100年ほど前に誕生したカクテルで、#1〜#4まで、異なるレシピのバージョンがあることで知られています。ジンを使用する#2は、コアントローやリレ・ブラン、アブサンが用いられています。

2位. ドライ・マティーニ

ドライ・マティーニ

過去の偉人達にも愛され、映画などにも多く登場することから“カクテルの王様”とも喩えられる「ドライ・マティーニ」。
ジンの他、ドライ・ベルモット、そしてオリーブというシンプルなレシピだからこそ、バーテンダーによって異なる表情を見せるカクテルでもあります。「ヴェスパー・マティーニ」など派生レシピが多く存在することでも有名です。

1位. ネグローニ

ネグローニ

ランキングのトップに輝いたのは、フィレンツェで誕生し、そのきっかけとなった伯爵の名が付けられた「ネグローニ」!ジンの他、イタリアが世界に誇るリキュールであるカンパリと、同国が本場のスイート・ベルモットというイタリア色の強いカクテルです。
ハーバルな香りと甘さとほろ苦さが絶妙に絡み合うカクテルで、現地では食前酒としてもポピュラー。実は当ランキングで5年連続でNO.1を獲得している絶対王者でもあります。

ちなみに、「ジン&トニックは?」と気になる方もいるかもしれませんが、現地では“焼酎の水割り”のような当たり前すぎる飲み方のため、あまりカクテルという捉えられ方でもないそうです。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 世界のバーで人気のジンカクテル・ランキングTOP10

関連記事