9148 0101

9148 0101
産地:日本(北海道)
アルコール度数:45%
容量:700ml
ボタニカル:北海道産の昆布、干し椎茸、切り干し大根、ラベンダー、ブルーベリーの他、ジュニパーベリーやコリアンダーなど数種

2018年に北海道で創業した北海道自由ウヰスキー社。同社が札幌市内の紅櫻公園内で設立したその名を冠する蒸溜所にて「自由な世界、自由な発想、自由な価値観」のもと生み出したクラフトジンが「9148」です。そのコンセプトどおり、昆布や干し椎茸、切り干し大根など、ジンのボタニカルとしては事新しく独創的な素材が中心に使用されています。そうした個性溢れるボタニカルの良い香りを引き出すために、地元の酒造から調達した純度の高いニュートラルスピリッツをベースに使用。ロンドンドライジンの規定に則り、ジンとしてのクオリティも高水準で満たしながら独創性がプラスされています。
また、同社は、定番銘柄の「0101」の他にも「3892 紅櫻 春」や「0103 雪」など季節の素材なども活かした風味豊かな銘柄も次々とリリースし、事新しく自由な挑戦を続けています。

北海道の恵みを活かした「うまみ」のジン

このジンの最大の特徴とも言うべき昆布や干し椎茸などの北海道産ボタニカルは、その仕上がりにうまく反映され、ジンに「うまみ」が与えられています。ダシ感が感じられる独自の味わいによって、日本の食事とも合わせやすいのはこのジンならではの魅力の一つ。ジン&トニックやソーダ割りなどの飲み方ももちろんオススメですが、蒸留所長曰く、昆布をマドラー代わりに加えたオンザロックも面白いとのこと。ぜひ様々な飲み方を試してはみては?

製造元:北海道自由ウヰスキー株式会社

関連記事